メイドカフェ

この写真は確か秋葉原駅にあるメイドカフェだった気がします。店の裏手の路地が色々なお店がひしめき合っているエリアで、メイドカフェのベランダから宣伝しているんですよね(笑)しかも拡声器使っている時もあるので、観光スポットみたいにになっています。

さて、今回は横浜エリアのメイドカフェについてまとめてみました。「秋葉原まで通うのは大変だよなぁ」という人はぜひ参考にしてください!

比較一覧表

HoneyHoney(ハニハニ)
雰囲気 横浜界隈では一番落ち着いているが、コアな客層が多い。やや狭めの空間にひしめき合うため、混雑時は若干圧迫感がある。あまりメイドさんとは話せない。
衣装 基本は可愛らしいミニスカートタイプだが、頻繁にコスプレイベント等で衣装が変わるのを楽しめる。
料金 ドリンク、フードともに1品500円前後から多数あり、注文した分だけを支払う。17時以降はお通し399円がかかる。
Dear Cafe(ディアカフェ)
雰囲気 広めの空間でゆとりをもって座れる。メイドさんが店内を巡回するため話す機会が多い。そのせいか、癖の強いお客さんが集まる傾向が強い。カラオケあるので、うるさい時はきつい。
衣装 ハニハニと同じく可愛らしいミニスカートタイプ。こちらもコスプレイベント等で衣装は結構変わる。
料金 席料が500円ほどかかった気がする。あとは1品ずつ注文。ハニハニよりメニューは少なめ、料金は高め。
Repostopia(ルポリア)
雰囲気 かなり広い空間にカウンターが2つ。内装は中世をイメージしてあるような気がする。食器類にもこだわっており、高級感はある。メイドさんは巡回してくるので、ほぼ確実に話す機会はある。
衣装 ロングスカートで女子から人気がありそうなデザイン。
料金 席料は60分700円。ドリンクとフードは結構高い。会員でない人は1日60分までというルールがある。
Sugar Closet(シュガークローゼット)
雰囲気 ここだけ関内駅にあります。お店の雰囲気は未調査です。
衣装 衣装は未調査です。
料金 16時以降は席料60分600円+2ドリンク制または60分飲み放題制。

>>目次に戻る

HoneyHoney(ハニハニ)

横浜のメイドカフェ「HoneyHoney」

平日の昼間に行った時はお客さんは5人ほどいました。昼時はチャージがないし、時間制限もないのでゆったりできていいですね。メイドさんは特に用事がなくても定期的に店内を巡回していて、ぼーっとしていると話しかけてくれます(笑)ありがてぇ(笑)お値段も良心的です。

ただ、夜は非常に混雑して入店待ちすることが多々あります。4~5人用の丸テーブルが2つあるので団体で行くとしたらそこが空いていないときついですね。1人だとカウンターか、壁際の席がありますが、1人で来るお客さんが多いので、入れるかどうかは運次第です。そして、メイドさんは忙しくてお客さんと話す機会はかなり少なめになります。

メイドさんは正統派な子が多いイメージがあります。メイド好きな男性に受けがよさそうな感じですね。制服も可愛いので、メイドカフェ初心者にはお勧めですが、最初は友達と行ったほうが良いかもしれません(メイドさんは忙しいとなかなか話せないため)。

17時まではチャージなしで、ファミレス同様のシステム。17時以降はお通し(399円、高校生以下無料)が追加で、居酒屋同様のシステム。23時まで営業しているので、ディアカフェ(22時閉店)の後に流れてくるお客さんも結構います。

メイドカフェHoneyHoney

営業時間:12時~23時
定休日:不定休
住所:横浜市西区岡野1-1-19庄司ビル2F
TEL:045-323-0123
公式サイト:http://www.honey2.jp/index.html
Instagram:https://www.instagram.com/honey2_maid/
Twitter:https://twitter.com/honey2_maid

>>目次に戻る

Dear Cafe(ディアカフェ)

横浜のメイドカフェ「Dear Cafe」

HoneyHoneyから少し歩いたところにありますね。雰囲気は似ていますが、こちらのほうが少しカジュアルになっています。HoneyHonryのメイドさんは結構ふにゃふにゃした感じの子が多いイメージでしたが、DearCafeはもっとしっかりしたお姉さんという印象です。あとはこっちはカラオケ設備があります。リクエストステージみたいなのもあるようです。アキバのメイドカフェでも結構あるので、やはり本場のメイドカフェに近いかもしれません。その分、貢ぐ要素もたくさん出てきそうです(笑)

と、書きましたが、先の段落の文章は2018年に書いたものです。的は得ていますが、核心部分に触れていないんですよね。それは何かというと、ディアカフェには横浜の魔物が頻繁に出没するということです!横浜の魔物は界隈のメイドカフェを巡回しており、常連さんを見つけては絡み、メイドさんにも絡み、酒をガーっと飲んでその場に傷跡を残すことに人生をかけている人たちです。

個人的には楽しいお店です。メイドさんは店内を巡回しているのでお話しする機会も結構あります。常連さん同士で話し合っていることはよく見られます。最終的に、常連さん同士で一番盛り上がっているのが楽しいお店です。たまにロンリコ飲まされます。

席料は500円くらいあったと思いますが、あとは少したかい居酒屋くらいの感覚で頼めます。フードもドリンクも基本はメイドさんが作っています。品質は保証されていませんが(笑)、それも醍醐味だと思います。ここはチェキを有料で撮れるので、推しができたら楽しいと思います。

メイドハウスDear Cafe

営業時間:12時~22時
定休日:定休日なし
住所:横浜市西区岡野町1-6-29 高橋ビル2F
TEL:045-312-0038
公式サイト:http://dear-cafe.jp/index.php
Twitter:https://twitter.com/dearcafe327

>>目次に戻る

Repostopia(ルポリア)

ルポリア

Repostopia(ルポリア)は、2020年2月末にできたばかりのメイドカフェバーです。なんと、2019年末に閉店したSanctuary(サンクチュアリ)跡地にできたのです(笑)なので、横浜メイド勢のお客さんがそのまま流れてきたので、開幕から結構人気が出ている感じですね。

内装は中世ヨーロッパ風になっていて、広い空間の中にカウンターが2つあって、そこにお客さんが座るスタイルです。メイドさんは女子受けが良いロングスカートで、横浜には珍しいシックな感じです。メイドさんはお客さんを順番に回っていくスタイルなので、結構しっかりコミュニケーションを取れます。お店の雰囲気に合ったおとなしそうで、お姉さんタイプなメイドさんが多いイメージです。ちなみに、ここはキッチン担当の人が料理人らしく、パスタがかな~り美味しいのでおすすめです。

ここの特徴は通常は60分700円の席料+飲食代で、1日60分制限があるということです。会員(月額9000円?)になると席料がなくなり時間制限がなくなるので、それこそオープンからラストまで席料なく楽しむこともできます。周辺に住んでいる人なら会員になったほうがお得かもしれませんね。ただ、ドリンクは結構高めなので、ディアカフェやハニハニのようにガバガバ飲むと高くつきます。

Repostopia

営業時間:11時~22時
定休日:(不定休)
住所:横浜市西区浅間町2-95-3 ハイツ・ラ・ビスタ201
公式サイト:https://repostopia.sakura.ne.jp/
Twitter:https://mobile.twitter.com/maid_repostopia

>>目次に戻る

おすすめ店とまとめ

横浜駅周辺のメイドカフェをめぐってわかったのは、秋葉原の人気店と比べてはいけないことです。秋葉原のメイドカフェはお店の外観、内装も作りこまれているところが多いですし、メイドさんの衣装も綺麗で、役に徹しています。それと秋葉原の人気店はメイドさんとゆったりとお話しするような余裕はありません。ゲームやチェキを撮るとき以外はなかなかお話しできません。専ら見る専門ですね。

横浜のメイドカフェはどちらかと言うと、誰でも楽しめる敷居が低いメイド風ファミレスという感覚のほうが近いかもしれません。庶民的と言うか、カジュアルというか、チェキやゲームがなくても、ゆったりとお話しできる時間があります。また、「萌え~」ということはないので、普通にご飯食べて、たまにメイドさんと普通にお話ししたい人には横浜のメイドカフェは合っていると思います。

個人的な見解ですが、まったりと楽しみたい人はハニハニ、お酒を飲んでワイワイしたい人はディアカフェ、ご飯食べるならルポリアです。私なら18時くらいにルポリアでパスタ食べつつお酒飲んでエンジンかけて、19時から22時までディアカフェでウェーイ↑↑といき、22時からハニハニでウェーイ↓↓(飲みすぎ)と23時まで楽しみ、終電まで安安で肉を無限に焼きながら反省会をするのが鉄板コースです。横浜の安安で肉を焼きながら居眠りしたり、パーカーをなくしたりしたのはいい思い出です( ノД`)

さて、実は横浜から20分ほど電車(JR東海道線)に乗ると藤沢がありますが、藤沢にもメイドカフェバーが3軒、メイドリフレも1軒あり、なかなかコンカフェが充実しているんです。藤沢も記事にてまとめたので、ぜひチェックしてください!

【閉店】Sanctuary(サンクチュアリ)

横浜のメイドカフェSanctuary

ここは駅から結構歩くのですが、その分広い!って言うか、普通のマンションのような位置にあります。写真には写っていませんが、すぐ横に階段がありそこから2階に行きます。

最近は行っていないのでどうなっているかわかりませんが、ゆとりのある空間なのでゆったりとした時間が流れます。私が行った時だけかもしれませんが、メイドさんの出勤が少ないのかほとんど絡みがありませんでした(笑)Twitterを見ると結構出勤しているようなので、運がなかったのか(´;ω;`)

という初期のころから打って変わり、後期は60分2,000円飲み放題みたいなシステムになっていました。また席の配置も、即席のカウンターが半円を描くように設置させられて、メイドさんはその向かいを順番に接客していく感じでした。ぶっちゃけちゃうと即席がールズバーですね。

制服はミニスカートタイプで可愛かったんですけどね。2019年末に閉店しました。まぁ、、、一部の熱狂的なファンもいたようですが、立地やシステムの問題等のマイナス面もデカかったように思えます。

Sanctuary

営業時間:17時半~23時
定休日:(不定休)
住所:横浜市西区浅間町2-95-3 ハイツ・ラ・ビスタ201

>>目次に戻る

【移転】Sharlotte(シャルロッテ)

綱島のメイドカフェSharlotte

横浜駅ではないのですが、近くの綱島駅にあったメイドカフェです。ネットカフェ「アプレシオ」の店内にあるということで、ちょっと変わった環境にあるこじんまりとしてメイドカフェです。元々蒲田にもあったのが閉店して横浜店(綱島駅)だけになったのですが、こちらも2019年に閉店して、今度は蒲田に移転しました。

衣装はオーソドックスなミニスカートタイプだったような記憶がありますがあんまり覚えていないです。メイドさんは暇があればお客さんのところを巡回しているので、結構話せた記憶があります。席料60分500円で、あとは飲食代で、それなりに安かったと思います。なんせ1回しか行ったことないので(笑)

シャルロッテ

営業時間:16時~22時
定休日:不定休
住所:東京都大田区西蒲田7丁目61-1東京蒲田文化会館3F
公式サイト:https://yokohamacharlotte.jimdo.com/
公式ブログ:http://cafesharlotte.blog.fc2.com/
Twitter:https://twitter.com/YK_Charlotte

>>目次に戻る